難関と言われている美大の受験に合格する極意

専門性と教養が身につく

男女

賢い選択肢です

短期大学に通うメリットは大きく2つあります。1つは効率的に専門性を身に付ける事が出来る点です。看護系の学校を例に見てみると、大学の場合、4年間をかけて看護師を目指しますが、短期大学であれば半分の2年間で看護師になる事が出来ます。もちろん大学の場合は4年間ある分、付随する様々な分野の資格取得にも時間を割く事が出来ると言う魅力がありますが、短期大学でも限られた時間の中で様々な資格を取得する事が出来る学校もあります。大学、短期大学と言うくくりで見ずに本質的な部分をしっかりと見て行きましょう。短期大学に通うもう1つのメリットとしてあげられるのが、学費です。通う年数が大学の半分で済む分、学費も大学の半分で済みます。仮にカリキュラム的に取得する事が出来る資格に差がないのであれば、短期大学は非常にコストパフォーマンスが良い学校であると言えるでしょう。金額にして数百万円の差が出てくるのは非常に大きなポイントです。卒業後のライフプランなども考慮して考える様にしましょう。また、大学との比較では無く、専門学校との比較で見て見ても、専門性と教養いずれもバランス良く身に付ける事が出来るという点において短期大学はメリットがあると言えます。この様に短期大学は専門性と教養をバランス良く身に付ける事が出来て、かつ、学費面もコストパフォーマンスが良い学校と言えます。専門性の高い分野に進みたい方にとっては賢明な選択肢と言えるでしょう。