難関と言われている美大の受験に合格する極意

男女

専門性と教養が身につく

短期大学は専門性と教養を効率的にバランス良く身に付ける事が出来る学校です。学費面も大学と比べると半額程度で済むので、コストパフォーマンスも抜群です。専門性の高い分野に進みたい方には賢い選択肢と言えるでしょう。

先生

大学受験の学部別の塾選び

大学受験における予備校の選び方は学部によって異なります。独自の考え方や講師陣の特徴によって、国公立大学に強い予備校もあれば、文系科目に特化している場合もあります。特に医学部への受験の場合にはより専門的な対策が必要になるので予備校の選択方法にもコツが必要になります。

美術系の大学に行くために

勉強

美術系でも予備校は必須

いまだに、美大は絵だけ描ければ合格できると考えている方もいるようです。確かにそれも大きな要素のひとつですが、何の対策も立てずに挑めばいくら絵がうまくても合格はできません。やはり美大受験といえど、合格ラインに達するための適切な指導を受けるのは必要です。最近はそれに対応した予備校も多いので、美大受験を考えている学生や保護者はまずそちらに行きましょう。予備校では美大を受ける時の基礎とコツを、受験経験者である卒業生から教えてもらえます。このおかげで、受験で要求されるレベルや試験の内容をある程度把握することが可能です。基本的に美大受験では、絵のうまさだけでは合格できません。受験向けの描き方を習得しておかなければ、どれだけ才能があっても美大生になることはできないでしょう。それを教えてもらえるのも、予備校に通う一つのメリットです。また予備校に通うことで得られる物は、それだけではありません。予備校の講師や同じ生徒の絵を実際に見ることで、美大受験する人間のレベルの高さを実感できるところにもあります。それまで井の中の蛙状態で勉強していた受験生も、これでどんなレベルの競争相手と争うか自覚できるはずです。それで自分のレベルの低さを自覚してさらに努力するのも良し、あるいはあきらめて進路を変更するのも良し。その判断ができるのも、予備校ならではです。それに予備校では大勢の生徒と一緒なので、情報交換ができるほか受験会場に近い雰囲気で勉強できます。これが本番の受験対策を立てる際に、おおいに役に立つこともあるでしょう。

面接

面接で失敗しないために

面接を受ける際には、面接対策をしておくことがポイントです。面接対策といってもその種類はさまざまですが、基本的なマナーの習得のほかもっとも重要なのが自己アピールするためにまずは自身の特徴を理解しておくことです。